Hito Rehaのプロボノ

Hito Rehaとともに社会課題に立ち向かう

Hito Rehaのプロボノ活動では、さまざまなバックグランドをもつメンバーが、障がい児者を育児する母親の働きたくても働けないという課題の解決という大きな社会課題に向けて取り組んでいます。リモートワーク中心に、概要を掴みつつ、必要と思われることを一緒に取り組みます。定例の全体ミーティングや交流会もあり、明るく楽しみながら活動していきましょう。
私たちが取り組む社会課題は、いわば氷山の一角に埋もれたものであり、まだまだ社会に認知・理解されていないのです。まずは、プロボノの皆さんと一緒にこの社会課題がどれぐらい重要なのか、受益者の本音やその背景に潜む要因に目を向け、Hito Rehaとともに社会に向けた提言ができればと思います。

伴走する経営者の紹介

Tsubasa Yokoyama

■自己紹介
兵庫県宝塚市、1991年生まれ。一般社団法人Hito Reha(ヒトリハ)代表理事。
2011年の東日本大震災を機に、藍野大学(大阪府)を卒業後、宮城県石巻市に2014年移住。理学療法士として4年間病院に勤務しながら、地域住民との交流と健康の場を開くためまちづくりや地域づくりに参画。その後、通所と訪問分野での介護事業に関わり、2020年2月に一般社団法人Hito Rehaを設立。

■創業のきっかけ
「温泉やカフェに行っても障がいを抱える方やその家族を見かけたことがなかった」、ことをきっかけにHito Rehaを設立しました。主に障害福祉の分野で活動していますが、制度と制度の“狭間”にいる方々の生きやすさに着目した事業を構築しようとしています。

■実績
第5回石巻市創業ビジネスグランプリ 奨励賞
東北Social innovation Acceleratorプログラム 2021 採択
SENDAI Social innovation Summit 2022 登壇
プレゼン内容:障がい者と歩む家族が心から愉しめる日常へ

◆こんな方におすすめ◆

◆こんな方におすすめ◆

プロボノの皆さんと取り組むテーマ

Mission

■受益者の現状からアクションプラン立案

働きたくても働けない障がい児者の母親の現状を把握し、その現状から何をしていく必要があるかをわかりやすくまとめていきます。その上で、プロボノとして取り組めること、企業が取り組むことを分けてアクションプランを立案します。

■アクションプラン立案後にトライする

現状の課題からその解決策(アクションプラン)の実行段階になります。現在までに模索してきたこと、実行フェーズに応じてトライ&エラーを積み重ねていき。プロボノ皆さんと考察をしながら、その有用性について検討していきます。

体験イベント情報

現在企画中です。

Hito Rehaのプロボノ応募

step1 個別説明会 or 体験イベント
step2 応募申込&個別面談
step3 プロボノ参加可否
こちらから申し込み

過去のプレスリリース内容

April Dream

障がい児者を育児する母親の「働きたくても働けない」がきこえない社会をつくる