障がい児者を育児する家族の
「育児と仕事の両立 はじめの一歩」

障がい児者を育児する全ての人へ『育児と仕事の両立 はじめの一歩』を共にするコミュニティサービスです。障がい児者を育児する家族の皆さんが現在の育児に対する悩みをリハビリ専門職に相談したり、「働きたい」を共に伴走していくための創意工夫をお互いに知れるコミュニティになります。

非公開コミュニティ(Slack)内を活用して以下のことができます。

  • リハビリ専門職セカンドオピニオン的に相談

  • コミュニティに参加されている支援者同士で「育児と仕事の両立」に向けた情報交換・交流

  • 当コミュニティには、何らかの形で障がい児者を育児している家族を対象にしています。

  • 利用は『500円 / 月』です。

コミュニティオーナーは、『理学療法士(リハビリ専門職』としてセカンドオピニオン的立ち位置から、様々な相談を受けることができます。加えて、コミュニティに参加されている支援者の皆さんと共に『育児と仕事の両立』に向けた様々な情報交換や先駆者からのお話を聴くことができます。

現在までに頂いたお声

『働きたくても働けない』障がい児者を育児する母親の現状とは

2017年時点で、約67万人の障がい児者を育児する母親の皆さんのうち、約30万人が働けていない、この働けていない人のうち『働くことを希望している』人が約17万人いると言われています。つまり、障がい児者 を育児する母親の4人に1人が『働いたくても働けない』います。加えて、正規雇用率、非正規雇用率も健常児を育児する母親より20%以上低下しています。

なぜ、こんなにも障がい児者を育児する母親は働き続けることが難しいのか。大きな要因が2つあります。1つ目は、『精神状態の不安定さ』、つまり先行きが不透明な育児に対する悩み、もやもやが募っていて、具体的な何をしたら良いかわからない。2つ目は、『育児と仕事の調整が難しい』、つまり突発的な呼び出しに対して両立することの難しさ、制度と制度の狭間にいて公的支援を受けられず、結果的に育児に専念しなければいけなくなっています。